MACDの特徴

FXで用いられるチャートの中で、ローソク足と移動平均線を用いたものの中で特にわかりやすいと言われるのが、MACD(マックディー)といわれるものです。
MACDは2本の移動平均線を用いており、動きが比較的急である「MACDライン」と比較的緩やかである「シグナル・ライン」から構成されます。
まず覚えておくべきことは、MACDラインがグラフの0のラインの上にあるのならばトレンドが上昇するという合図であり、0ラインの下にあるときは下降するトレンドを表している、ということです。また、実勢レートが高値を更新して上昇しているのにMACDが高値を更新できていない場合は売りのシグナルとなり、この逆の場合は買いのシグナルとなります。実勢レートが高値を更新しているにも関わらずMACDやモメンタムが同じペースで上昇しない場合は、マーケットが反転する警告とみられます。


このページの先頭へ戻る