FXにおけるテクニカル分析とは

FXの取引を行う際、エントリーや決済のタイミングを判断するために用いることになるのがチャートです。
投資の世界では過去の相場の動きを一定の法則に基づいて図表化したものをチャートと言います。チャートを用いることで、過去の相場の動きをすることができます。そこから価格が高低を変化させる際のパターンや法則を見出し、投資を行っていくわけです。チャートを用いた取引の仕方をテクニカル分析と言います。
相場を分析するチャートの種類は非常に多く、100以上の種類があるといいます。このチャートの基本となるのが「ローソク足」であり、ここから「移動平均線」も作られます。これをまずは基準にして分析していくといいでしょう。
単純に言うと上向きの移動平均線に、ローソク足が移動平均線よりも上にあれば上昇トレンド、逆に移動平均線が下向きで、ローソク足が移動平均線より下にあれば下降トレンドとなります。

FXにおけるテクニカル分析とは/FX攻略で手軽に副収入!関連ページ

スワップ取引を行う際の注意
MACDの特徴
ボリンジャーバンドの使い方

このページの先頭へ戻る