ボリンジャーバンドの使い方

FXで用いられるチャートの1つに、ボリンジャーバンドがあります。
ボリンジャーバンドとは、図の中央にある移動平均線と、それを挟むように上下に2本ずつある「標準偏差バンド」から構成されるチャートであり、統計学の考え方からして、大半の価格がこの標準偏差バンドの中で推移するという前提に基づいて、もっとも外側のバンド(標準偏差2)に価格が近付けば逆張りをするといったことを前提にして使われるチャートです、
実際の価格がボリンジャーバンドの上のラインに近づいたときは買われ過ぎ、下のラインに近づいたときは売られ過ぎと判断できます。
ただし、市場に極端なトレンドが現れた場合には、ボリンジャーバンドが示す数値は役に立たなくなってしまうことがあります。これを防ぐためには、ローソク足などを併用することで誤りを避けることができます。それを知っているとボリンジャーバンドは武器になります。

ボリンジャーバンドの使い方/FX攻略で手軽に副収入!関連ページ

スワップ取引を行う際の注意
テクニカル分析とは
MACDの特徴

このページの先頭へ戻る