FXの禁断の果実、レバレッジ

気軽に出来る金融取引としてFXが人気を集めています。外国の通貨を買って為替レートの変動を待って売却し、その差額を得るという取引方法です。少ない資金でも始められるというのも人気の秘密ですが、為替レートは基本的にそう極端な変動をしません。ですから、儲けがあまり出ないという一面があります。
もちろん、大きな資金を投入すれば話は別です。たとえ僅かな変動でも、ある程度の利益を出すことが可能です。しかし、そう多くの資金を捻出出来る人は少ない筈です。でも多くの人が大きな取引を行っています。その秘密はレバレッジというFXのシステムにあります。元手を担保にして、その25倍までの取引が可能なのです。このレバレッジによって元手が少なくても、大きな取引が出来るという訳です。
しかし、大きな利益が期待出来るということは、大きな損失を生む可能性もあるのです。まさに禁断の果実といえるレバレッジ。くれぐれも慎重に判断したいものです。

FXの禁断の果実、レバレッジ/FX攻略で手軽に副収入!記事一覧

FXの取引の仕方に、スワップポイントを狙うものがあります。これは外貨預金に近い形で利益を狙うものです。円とドル、円とユーロといったように、それぞれの通貨には政策金利の差があります。金利の異なる2種類の通貨を売買するときに、2通貨間に生じる金利差の調整分がスワップポイントです。金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買う場合には、その金利差額分のスワップポイントを受け取ることができるわけです。スワッ...
FXの取引を行う際、エントリーや決済のタイミングを判断するために用いることになるのがチャートです。投資の世界では過去の相場の動きを一定の法則に基づいて図表化したものをチャートと言います。チャートを用いることで、過去の相場の動きをすることができます。そこから価格が高低を変化させる際のパターンや法則を見出し、投資を行っていくわけです。チャートを用いた取引の仕方をテクニカル分析と言います。相場を分析する...
FXで用いられるチャートの中で、ローソク足と移動平均線を用いたものの中で特にわかりやすいと言われるのが、MACD(マックディー)といわれるものです。MACDは2本の移動平均線を用いており、動きが比較的急である「MACDライン」と比較的緩やかである「シグナル・ライン」から構成されます。まず覚えておくべきことは、MACDラインがグラフの0のラインの上にあるのならばトレンドが上昇するという合図であり、0...
FXで用いられるチャートの1つに、ボリンジャーバンドがあります。ボリンジャーバンドとは、図の中央にある移動平均線と、それを挟むように上下に2本ずつある「標準偏差バンド」から構成されるチャートであり、統計学の考え方からして、大半の価格がこの標準偏差バンドの中で推移するという前提に基づいて、もっとも外側のバンド(標準偏差2)に価格が近付けば逆張りをするといったことを前提にして使われるチャートです、実際...

このページの先頭へ戻る